お役立ち情報

2017.12.25

新機能アップ!レスポンシブ対応コンテンツパーツリリース

平素は弊社CMSサービスをご利用いただきまして誠にありがとうございます。

2017年も残すところ僅かとなりましたが、この1年もRenewable リニューアブルをご愛顧いただき心より感謝申し上げます。

今年最後の新機能アップ

「レスポンシブ対応コンテンツパーツリリース」リリースのご案内です。

  • バージョンアップ完了日 12月25日(金)

アップデート情報

コンテンツパーツ関連
レスポンシブデザインに対応したコンテンツパーツを追加

レスポンシブデザインに対応したコンテンツパーツをなんと66種類リリースいたしました。サイト編集の際に、今回リリースのコンテンツパーツをぜひご活用ください!
なお、ご利用に際しましては必要な設定など、注意事項がございます。下記をご確認の上、ご対応いただきますようお願い申し上げます。

コンテンツパーツ
見出し系(12個)
  • 2カラム 上ライン付き
  • 3カラム 上ライン付き
  • 画像と見出しとテキスト
  • 画像と見出しとテキストの2セット
  • 番号付き見出しの3セット
  • 番号付き見出しの4セット
  • 見出しとテキストの2セット
  • 見出しとテキストの2セット
  • 見出しとテキスト(太枠)
  • 見出しとテキスト(太枠)2
  • 見出しとテキスト(太枠)3
  • 見出し(h2)日本語と英語
画像系(27件)
  • テキストと画像
  • テキストと画像3枚
  • テキストと画像6枚
  • ランキングの2セット
  • ランキングの3セット
  • ランキングの4セット
  • ランキングの5セット
  • 吹き出し
  • 吹き出し2
  • 画像とテキストの5セット
  • 画像とテキストの6セット
  • 画像とテキスト背景(被せるパターン)
  • 画像とテキスト背景(被せるパターン)2
  • 画像とテキスト(スクロール付き)
  • 画像とテキスト(上下中央揃い)背景付き
  • 画像とテキスト(上下中央揃い)背景付き2
  • 画像とテキスト(背景)の5セット
  • 画像とテキスト(背景)の6セット
  • 画像とリンクテキストの5セット
  • 画像とリンクテキストの6セット
  • 画像の下部にテキスト(複数行)
  • 画像の中央にテキスト(1行)
  • 画像組み合わせ
  • 画像組み合わせ2
  • 画像組み合わせ3
  • 背景100%(テキストと画像)
  • 背景100%(テキストと画像)2
表組系(8個)
  • 営業時間用
  • 営業時間用2
  • 画像と表とテキスト
  • 画像と表とテキスト2
  • 画像と表とテキスト3
  • 画像と表とテキスト4
  • 見出しと表の2セット
  • 見出しと表の3セット
テキスト系(10個)
  • よくある質問(クリックで回答を表示)
  • チェックマーク
  • チェックマークの2セット
  • チェックマークの3セット
  • チェックマークの4セット
  • チェックマークの5セット
  • チェックマークの6セット
  • 流れ(矢印なし)
  • 流れ(矢印付き)
  • 背景100%(テキスト)
フリーエリア(4個)

お問い合わせ
お問い合わせ2
お問い合わせ3
お問い合わせ4

その他(5個)
  • キービジュアル
  • キービジュアル2
  • キービジュアル3
  • キービジュアル4
  • キービジュアル5

※コンテンツパーツの追加・変更の際には、各種タブ内の既存のコンテンツパーツの混在して表示されます。見分け方としては、サムネイルに「レスポンシブ」と入っているコンテンツパーツが、レスポンシブデザイン対応になります。

サイトデザイン(テンプレート)について

新規リリースのコンテンツパーツにつきましては、レスポンシブデザインのresponsive_type01~06のみデザイン調整を行っております。それ以外のテンプレートにつきましては、別途カスタマイズにてご対応いただく必要がございます。type06以降リリースのレスポンシブデザインにつきましては、追って順次対応をさせていただく予定となっております。

非対応のテンプレートを対応させる場合(上級向け)

1. カスタマイズしたいテンプレートのHTMLファイルの<head></head>タグ内に、下記のソースを追加します。<link type="text/css" rel="stylesheet" href="CMS_SKIN_URL/contents_parts_2017.css" />
<script type="text/javascript" src="CMS_SKIN_URL/js/contents.js"></script>

2. テンプレートのCSSファイルに必要なスタイルなどを追加して、デザインの調整を行います。

  ※ブラウザの開発モードなどを参考ツールとしてご利用ください。

2017.12.01

独自SSL証明書標準搭載に伴う共用SSLの提供終了のお知らせ

 平素は弊社CMSサービスをご利用いただきまして誠にありがとうございます。

弊社サービスでは、独自SSL証明書の標準搭載に伴い、SSLをご利用いただく際には、これまでの共用SSLとあわせて、独自SSLについてもご利用いただけるように対応してまいりました。
このたび、Webサイトの信頼度の向上と昨今のプライバシー保護重視の観点から、独自SSLに一本化し、【2017年12月20日】をもちまして共用SSLのサービス提供を終了させていただくこととなりました。

長年ご利用いただきました共用SSLではございますが、何卒ご理解を賜りますようお願い申し上げます。

なお、共用SSLの提供終了に伴いまして、下記をご確認いただきますようお願い申し上げます。

共用SSLの提供終了について  

  • 提供終了日:2017年12月20日

提供終了日までの対応

提供終了日以降は「共用SSL」の設定をご利用いただくことができないため、共用SSLをご利用中のサイトにつきましては、2017年12月21日以降に弊社にて「独自SSL」の設定に自動切替されます。

ご不明な点や追記などがございましたら、 お気軽に[サポートフォーム]よりお問い合わせください。

※当サービスに関するお問い合わせ窓口につきましては、 緊急の場合を除き[サポートフォーム]に統一させていただいております。 お電話やメールにて直接ご連絡をいただいた場合でも、 サポートフォーム]からの送信をお願いすることがございますので、 ご協力の程、何卒よろしくお願い申し上げます。

2017.09.19

Bootstrap3で簡単!画像を一工夫してこだわりのサイトに!

みなさまは、Bootstrap(ブートストラップ)というワードをご存知でしょうか?
Bootstrap(ブートストラップ)とは、Twitter社が開発したCSSの「フレームワーク」で、簡単にご説明するとHTML/CSSの知識がなくても、ちょっとした設定で様々なデザインが表現できるというものです。

弊社CMSも、このBootstrap(ブートストラップ)を使用することが可能です。

例えば下記のような画像の表示です。

このように画像を加工しなくとも、丸く表示させたり枠付きにして表示させることができます。

設定方法

表示方法を変えたい画像のページで[右クリック]→[フリーページ]→[フルエディタ編集]と進みます。

表示を変えたい画像パーツを[クリック]して選択し、上部ツールバーにある[イメージ挿入/編集]をクリックします。

[高度な設定]タブを開き、スタイルシートクラスが下記のようになっていることを確認します。

スタイルシートクラスに、下記の記述を入力し、[OK]と進みます。

記述例
  • img-rounded
  • img-circle
  • img-thumbnail

ここでは[img-circle]…画像丸を記述しています。

画像が丸くなりました!

それぞれの記述をすると、下の画像のように表示されます。
表示が変わったことを確認したら、[保存]を押してフルエディタ編集を終了します。

あとはいつものように[ダブルクリック]で写真を挿入すれば完成です!

Bootstrapを活用してみましょう

Bootstrapには、上記のような画像表示の他にも、ボタン・テーブル・ナビゲーション・アイコンなど様々なスタイルがあります。
一工夫でよりオリジナリティ溢れるサイトにしましょう!
Bootstrap3と検索すればスタイルが用意されていますので、ご興味のある方はお試しください。

リニューアブルに関するお問い合わせ

Tel.046-240-6973

営業時間 10:00 - 17:00 定休日:土・日・祝