お役立ち情報

2017.12.25

新機能アップ 「レスポンシブ対応コンテンツパーツリリース」

平素は弊社CMSサービスをご利用いただきまして誠にありがとうございます。

2017年も残すところ僅かとなりましたが、この1年もRenewable リニューアブル をご愛顧いただき心より感謝申し上げます。
来年も新機能など様々なサービス提供を企画しており、さらに4月ごろにはRenewabele(リニューアブル)の活用術を楽しく学べる「Rキャンプ」も開催予定ですので、今後ともサービスのご活用をよろしくお願いいたします!

今年最後の新機能アップ

「レスポンシブ対応コンテンツパーツリリース」リリースのご案内です。
【バージョンアップ完了日】12月25日(金)
--------------------------------------------------------
【 アップデート情報 】コンテンツパーツ関連
レスポンシブデザインに対応したコンテンツパーツを追加
--------------------------------------------------------
レスポンシブデザインに対応したコンテンツパーツをなんと66種類リリースいたしました。
サイト編集の際に、今回リリースのコンテンツパーツをぜひご活用ください!
なお、ご利用に際しましては必要な設定など、注意事項がございます。
下記をご確認の上、ご対応いただきますようお願い申し上げます。
コンテンツパーツ
【見出し系(12個)】
2カラム 上ライン付き
3カラム 上ライン付き
画像と見出しとテキスト
画像と見出しとテキストの2セット
番号付き見出しの3セット
番号付き見出しの4セット
見出しとテキストの2セット
見出しとテキストの2セット
見出しとテキスト(太枠)
見出しとテキスト(太枠)2
見出しとテキスト(太枠)3
見出し(h2)日本語と英語
【画像系(27件)】
テキストと画像
テキストと画像3枚
テキストと画像6枚
ランキングの2セット
ランキングの3セット
ランキングの4セット
ランキングの5セット
吹き出し
吹き出し2
画像とテキストの5セット
画像とテキストの6セット
画像とテキスト背景(被せるパターン)
画像とテキスト背景(被せるパターン)2
画像とテキスト(スクロール付き)
画像とテキスト(上下中央揃い)背景付き
画像とテキスト(上下中央揃い)背景付き2
画像とテキスト(背景)の5セット
画像とテキスト(背景)の6セット
画像とリンクテキストの5セット
画像とリンクテキストの6セット
画像の下部にテキスト(複数行)
画像の中央にテキスト(1行)
画像組み合わせ
画像組み合わせ2
画像組み合わせ3
背景100%(テキストと画像)
背景100%(テキストと画像)2
【表組系(8個)】
営業時間用
営業時間用2
画像と表とテキスト
画像と表とテキスト2
画像と表とテキスト3
画像と表とテキスト4
見出しと表の2セット
見出しと表の3セット
【テキスト系(10個】
よくある質問(クリックで回答を表示)
チェックマーク
チェックマークの2セット
チェックマークの3セット
チェックマークの4セット
チェックマークの5セット
チェックマークの6セット
流れ(矢印なし)
流れ(矢印付き)
背景100%(テキスト)
【フリーエリア(4個)】
お問い合わせ
お問い合わせ2
お問い合わせ3
お問い合わせ4
【その他(5個)】
キービジュアル
キービジュアル2
キービジュアル3
キービジュアル4
キービジュアル5
※コンテンツパーツの追加・変更の際には、各種タブ内の既存のコンテンツパーツの混在して表示されます。
 見分け方としては、サムネイルに「レスポンシブ」と入っているコンテンツパーツが、
 レスポンシブデザイン対応になります。
サイトデザイン(テンプレート)について
新規リリースのコンテンツパーツにつきましては、レスポンシブデザインのresponsive_type01~06のみデザイン調整を行っております。
それ以外のテンプレートにつきましては、別途カスタマイズにてご対応いただく必要がございます。
type06以降リリースのレスポンシブデザインにつきましては、追って順次対応をさせていただく予定となっております。
非対応のテンプレートを対応させる場合(上級向け)
1. カスタマイズしたいテンプレートのHTMLファイルの<head></head>タグ内に、下記のソースを追加します。
 <link type="text/css" rel="stylesheet" href="CMS_SKIN_URL/contents_parts_2017.css" />
 <script type="text/javascript" src="CMS_SKIN_URL/js/contents.js"></script>
2. テンプレートのCSSファイルに必要なスタイルなどを追加して、デザインの調整を行います。
  ※ブラウザの開発モードなどを参考ツールとしてご利用ください。